胃下垂・肩こり・腰痛・骨盤のズレ・顎関節・膝関節・股関節症・高血圧・心臓病・・・ストレス・不眠・うつなどでお悩みの方、是非ご覧下さい!

変形性膝関節症

変形性膝関節症

長尾弘先生のお話しによりますと、膝関節が悪くなるのは股関節に原因があるそうです。
ですから、膝だけを治しても股関節の調整をしなければやがて又悪くなります。

では、膝関節と股関節だけを治せばいいのかと言いますと、実はそれだけでは根本治療にならないのです。
股関節が悪くなる原因は骨盤の歪みにあり、骨盤が歪む原因は胃下垂をはじめとする内臓下垂にあります。
つまり、胃や腸などの内臓が骨盤の中へ下垂すると、骨盤に歪みが生じるという訳です。
この様に、長尾ヒーリングは元へ元へと辿って、症状の根本から改善する療法です。

また、胃下垂によって圧迫された骨盤は多くの場合、右側が上がり左が下がります。ということは下がった方の足に体の過重がより多くかかり、その負担が膝にくるということです。

骨盤の歪みからくる負担が股関節にくると変形性股関節症になりますが療法は異なります。

膝に水がたまるという症状の時に水を抜いても暫くたつと又溜まります。それは膝そのものに原因はないから、局所だけを治そうとしても又同じ症状があらわれます。原因は骨盤にあり、そして更におおもとは胃にあるのですから局所治療だけでは根本的には良くならないでしょう。

フローレンスでの施術法では、長尾ヒーリングによって胃や内臓を元の位置に戻し、骨盤と全身の骨格を調整し、膝関節と股関節も元の位置に戻します。
これで変形性膝関節症は改善することでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional